ログイン
スポーツタイムマシンとは?

スポーツタイムマシンのいま

2015年12月13日、19日、20日にYCAMで体験できます!

現在までに 196 人が登録し、310 回走りました

 

2015年12月18日から12月27日まで高松メディアアート祭で体験できます!

現在までに 475 人が登録し、576 回走りました

 

スポーツタイムマシンとは?

スクリーンに映し出される昔の記録と「かけっこ」できる装置です。 自分の記録だけではなく、家族や友達、動物の記録に挑戦することができます。

2013年の夏、山口情報芸術センター[YCAM]10周年記念祭をきっかけに、世界で最初の“スポーツのタイムマシン”が誕生しました。

7月6日から12月1日までに 3178 人が登録し、11149 回走りました。

山口市道場門前商店街に作られたスポーツタイムマシンは、たくさんの人に利用され、たくさんの笑顔を生みだしました。

2013年12月5日、山口のスポーツタイムマシンは、第17回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門「優秀賞」を受賞しました。

2014年2月には、東京のどこかでスポーツタイムマシンを体験することが出来るかも知れません。

山口では、スポーツタイムマシンの楽しさを忘れられない人たちが「スポーツタイムマシン保存会(仮)」を発足しました。

来年も楽しく走るにはどうしたらいいでしょう?みんなで一緒に考えましょう。

あそびかた

走るあいてをえらぶ

どうぶつや、スポーツ選手、前に走ったお友達など、いろんな記録を選べるよ!

スマートフォンやタブレットを使って、インターネットからも記録を選べるよ→きろくけんさく

選手せんせい+選手とうろく

選手カードで自分の走った情報が管理できるよ。

よーいドン!

えらんだ記録の映像と一緒に、
25mを折り返して、50mはしろう!

さいごに

自分の走った記録にコメントをつけて、
壁に貼ろう。

 

スポーツタイムマシン

YCAM10周年記念祭 LIFE by MEDIA 国際コンペティション 受賞・展示作品

第17回文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門「優秀賞」受賞

オフィシャルブログ:スポーツタイムマシンをつくろう!  

お問い合わせ

スポーツタイムマシン事務局